イラストレーションを初めた頃Dribbbleでドラフトされた話

今ではDribbbleのPro会員になった僕ですが、ソフトウェアをAffinity DesignerからIllustratorに移行してを学び始めていた頃、デザイナー向けのSNSプラットフォームにDribbbleがあることを知りました。世界で有名なデザイナー向けSNSです。ポートフォリオすら持っていなかったので、どこかに作ったイラストをアップロードしたかったので、僕もそこに是非参加してみたかったのです。今回はそんな僕でもDribbbleで初めて認められたお話です。言っていることがよくわからないと思うので、Dribbbleについてまずはお話しますね。

Dribbbleとは

Dribbbeはデザイナー(イラストレーター/Webデザイナー/UI/UXデザイナー/モーションデザイナーなど)の人たちが世界から集まるSNSです。基本は無料で使用できます。登録してDribbble上の作品を見ることは出来るのですが、実は招待されないと投稿できません。投稿は出来るのですが、制限があります。

Dribbbleはなんと招待制

昔にあった招待制だったミクシー(mixi)を思い出させます。今の子はわからないでしょうね。とにかく招待制なので、質の高いアーティストが多く存在するSNSとなっています。

作品を投稿するには招待されてPlayer(プレイヤー)にならないといけません。

招待はDraft(ドラフト)と呼ばれています。

プレイヤーでない人(候補者)は制限がある

招待されてない人をProspects(候補者)とよびます。

招待されないと作品がDribbbleに他のアーティストの様に表示されません。Dribbbleでは作品を投稿したりする他に、仕事を探したり仕事の依頼を受けたりできます。その内の仕事の依頼を受けることができません。そしてSNS特有のFollowボタンが表示されません。フォローをすることは可能なのですが、フォローしてもらえません。

投稿した作品はDribbbleのメインに表示されませんが、Prospects用のページに載るようになっています。

Playerに紹介されないといけない

他の方を招待できるのは、DribbbleのPlayerの方だけです。しかもPlayerなったからといって好きに誰でも招待できるわけではありません。これにも制限があったりします。

初めに招待制と知ったときにはガッカリしました。プロになるか、知り合いを探さないといけないのかと思いました。

実を言うとそんなことはないです。Dribbbleの誰かに招待されればいいので、イラストのプロでなくともプレイヤーになることはできます。

イラスト初心者がDraft(招待)された話

先程言ったように、招待制なのでガッカリしてました。ですが、招待される方法はあります。僕みたいに周りにDribbbleの会員の知り合いがいなくても招待してもらえます。

初めに話したように僕はイラストレーションを始めて直ぐでした。確か2〜3ヶ月目くらいでした。そんな僕でも招待してもらうことはできました。

僕が招待してもらったきっかけは、Prospects(候補者)として一つの作品を投稿したからです。

Prospectsとして投稿するとどうなる?

先程話したようにProspectsには制限があります。

投稿が他のアーティストの様に表示されるわけでなく、Prospects用のページに表示されます。Playerの人が招待する権利を持っていると、Draftというボタンが表示されます。上の画像は、僕が仮に作ったアカウントをメインアカウントで見た様子です。Draftボタンが表示されていますよね。

Prospectsとして投稿したら招待された

諦め半分で試しにDribbbleに登録して、僕が気に入った一つの作品(上の画像)を投稿してみました。

 

するとそのうちの日にある方から招待を受けました。

招待を受けると「〜から招待を受けました。どうしますか?」とメールが送られてきます。

もちろん、はいと返事をして無事プレイヤーとなりました。

Hello Dribbble

もしあなたがプレイヤーになったら恒例のHello Dribbbleの作品を載せましょう!これはPlayerになった際の挨拶みたいなものです。正直これがやりたくてたまらなかったので、僕も作ってみました。人によっては、作品の中に招待をしてくれた方の名前を入れたりして感謝の気持ちを伝えたりします。このときはとても舞い上がっていたのを覚えています。

シアトルに行ったことがある方ならこのイラストがどこだかわかるはず。

他に招待される方法

Dribbbleプレイヤーの知り合いにお願いする

近くに招待できる方がいれば、一番手っ取り早いですよね。お菓子でも持って行ってお願いしましょう!

プレイヤーに直接お願いする

Playerの人は使っていると、「誰かDribbbleに招待できるよ」と招待権をもらえる。実際に僕も2人分の招待権をもらって、これからProspectsに行ってどなたか招待するつもりです。これにも2ヶ月ほど有効期限があって、やっと思い出したところです。

この招待権もPlayerなったからといってもらえるわけではなく、Dribbbleでどれくらい貢献しているかによって貰えるらしいです。本当のことはわかりませんが。

アーティストの中には招待権があるから誰か招待するよと告知している方がいるので、コメントやメッセージを送ってみましょう。僕の作品を気に入ってくれたら、ドラフトしてください。みたいに聞いてみるといいですね。

Twitterなどで探してみる

TwitterなどのSNSで#dribbbleで招待を募集してる人もいるので、DMやコメントしてみてもいいかもしれませんね。

 

Pro会員になってしまう

試してはいないのですが、Prospectsからお金を払ってPro会員になってしまえばPlayerになれます。

Pro会員には年間60ドル払えばPlayerになれます。色々と特典があったりします。僕も最近Pro会員になったので、それについては今度お話しますね。公式のページを張っておきますね。

デザイン初心者でもチャレンジしてみよう!

中には自分の作品に自身がない方もいるかも知れませんが、僕も全て独学で勉強したデザイナーです。学校で学んだこともないです。それでも誰かが認めてくれました。それではDribbbleでまた会いましょう!

 

最後に僕のアカウント置いておきますね。よかったらフォローしてください!世界で一番大きいデザイナー向けSNSなのに日本の方をDribbbleで全く見ないので、一緒に盛り上げていきたいです!

ではまた!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました