ISOMETRICに強い! Affinity Designer

ISOMETRIC(アイソメトリック)を等角投影と日本語で呼ぶのをAffinity Designerで知ったところですが、簡単に説明すると立体的なイラストがAffinity Designer備わっている機能で描けるというわけです。以前はIllustratorでの描き方をご紹介しましたが、Affinity Designerでは更に簡単に描くことが可能です。アイソメトリックアート好きとしては嬉しい機能です。

Illustratorでのやり方はこちらをご覧下さい。

アイソメトリックツールは標準搭載

Affinity Designerのいいところの一つとして、このアイソメトリックアートを簡単に作成することができることです。Illustratorでも作ることは可能なのですが、グリッドを1から作成したり、スクリプトを使って角度を変えたりしないといけませんでした。ですがAffinity Designerならグリッドから角度を付けながらの図形の作成と何から何まで標準搭載されています。ではやり方をご紹介します。

グリッド作成

スタジオ表示

先ずはアイソメトリック用のスタジオを表示させましょう。

スタジオ>等角投影

グリッド表示

出てきた等角投影のスタジオの下にある「グリッド設定」をクリックします。するとグリッドを細かく設定できる欄が出てきます。その上部にある「グリッドの表示」のチェックを入れればアートボード上にグリッドが表示されます。

 

アイソメトリック用のグリッド作成

Affinity Designerにはアイソメトリック用のグリッドが複数用意されています。しかも、グリッドの細かい調節なども行うことができます。

グリッドタイプからお好みのグリッドを選択しましょう。

グリッドの調節とプリセットの保存

その下にある軸の設定をイジることで細かい設定が可能になります。

 

次回また使用したい場合はプリセットの保存を行えば、呼び出しが簡単にできます。

アイソメトリックの作成が簡単

グリッドやプレーンに沿った図形作成が可能

Illustratorを使っていたときは、グリッドに沿ってペンツールを使って図形を作成していましたが、Affinity Designerなら上面側面といったように向きを設定すれば図形ツールを使って簡単に作成できます。

プレーンはおそらく面の向きのことでしょう。それを上や左右に設定し、「プレーン上で編集」を選択すればそのプレーンに沿った図作が可能です。この機能はかなり便利です。

 

プレーンに合わせて変形できる

いつもどおり作成した図形をプレーンに合わせて変形することが可能です。この機能は僕がIllustratorで使っていたスクリプトと同じような動作をします。

この機能が使える場面は、例えばお家などの側面の細かいデザインを平面で作成して、この「プレーンに合わせる」を選択すれば簡単にアイソメトリックにすることができます。これもまた便利な機能です。

 

文字も画像も変形できる

文字や画像も簡単に変形することが可能です。先程の「プレーン上で編集」を選択してテキストを入力すれば、角度を付けながら入力することができます。

更に画像に「プレーンに合わせる」を選択すると他の図形と同じ様に動作します。UIやウェブデザインのアイソメトリックのモックアップも作成が簡単にできるかもしれませんね。

 

向きを簡単に変えられる

その他の項目は図形や要素を反転などしたいときに便利な機能です。これも上のプレーンの面を決めて選択すれば簡単に図形の向きを変えることができます。

 

様々なグリッドのオプションに合わせて、作図がかなり簡単にできるAffinity Designerです。僕は一年以上前からAffinity Photoと一緒に購入したのですが、最近はほどんど触っていなかったのでもう一度勉強中です。

アイソメトリックアートでSwitchをデザインしてみませんか?このチュートリアルはIllustratorを使っていますが、Affinity Designerでも作成可能です。チェックしていってください!

これからもAffinity Designerのチュートリアルをご紹介していきます。

ではまた!

 

Affinity Designerを学んでいる方にはおすすめな1冊です。英語で書かれていますがAffinity Designerの使い方意外にも、様々なプロの方のテクニックが載っています。僕も持っていますが、かなりおすすめです!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました