ジャンク Canon AE-1でフィルムカメラ初挑戦

こんにちは、グラフィックデザイナーのSHUNYAです。

 

ちょうど一週間前にキタムラにお願いしていた写真が出来上がったので、紹介します。

始めて挑戦する事だらけで、とても楽しめました!フィルムカメラは楽しいですよ!

今回撮った作例も最後に載せているので、チェックして行ってください。

カメラ ”So Advanced – It’s Simple”

フィルムカメラはシアトルにいた頃から興味はあって、

初心者はこの安くて使いやすい、Canon AE-1がおすすめと知っていたのですが、

Canon AE-1 Camera Commercial 1979

1979年のコマーシャルです。およそこのカメラは40歳前後ということですね。

 

たまたまハードオフのジャンクコーナで見かけて2000円で買って来ました。

ジャンクもの自体買うのは初めてだったのですが、自分で直せばいいだろう!

とDIY精神に火が付き、知識もない素人が軽い気持ちで購入しました。

 

電池を入れて、動くか確認

その後、シャッターを切るのに電池が必要であることを知りAmazonで購入。

4LR44という、近所の電気屋にも売っていない小さい電池です。

 

いざ入れてみると、シャッターを切れてほっと一安心。なかの露出計も動いて完璧。

もしシャッターが切れないと電子系統の故障らしいので修理のレベルがぐんと上がります。

モルトの劣化?

モルトの劣化」という聞き慣れない単語を聞いて、調べてみると

フィルム室に入ってくる、光を遮断するスポンジのようなものです。

古いモルトを交換しないと、写真が台無しになるかもしれないのです。

モルトがぼろぼろですね。

これも僕自身で変えましたが意外と簡単で、初めての僕でもできました。

僕はネットでよく見る方法で100均のものだけを使ってモルト交換しましたが、

結果から言うと、写真に一切の光は入り込んでいませんでした。

簡単なので今度紹介したいと思います。

AE-1が実はこんな姿になったことも。。

ジャンクのレンズ

後はフィルムとレンズ、レンズはメルカリで見つけた

FD 50mm f1.4 というレンズを見つけ

ジャンクとありましたが「f1.4」という数字に惹かれ即購入。レンズに傷もなく、

このレンズにあったカビも分解して清掃。これも初めてでしたがなんとかなりました!

フィルム

フィルムは、FUJIFILM フジカラー PREMIUM 400 27枚撮りを選びました。

まだちゃんと写るか心配だったので、1フィルムで一番安かったものにしました。

作例

さっそく見ていきましょう。今回使用したのは、紹介したとおり

Canon AE-1

Canon FD 50mm f1.4

FUJIFILM フジカラー PREMIUM 400です。

写真をそのままスキャンしています。

 

 

一気に子供の頃にタイムスリップした気分ですね。

ピントが合っていないものも多いですけど、

ちゃんと写真は写っているし、フィルムカメラが初めてにしては好きな写真もあって大満足です。

 

露出を大体0で撮ってみましたが、少し暗い印象だったので

次回は露出オーバーで撮っていこうと思います。

 

フィルムはAmazonで新品を購入してすぐに使用したのですが、写真と一緒に入っていた、

現像結果のご連絡に「色調不良」とあったので、本来の色が出ていないのかもしれないですね。

また同じフィルムを使ったら比べてみようと思います。

 

カメラ代やフィルムの現像などの合計金額も一万円もしなかったので、とても得をした気分です。

フィルムカメラ初心者も僕でもここまでできたので、チャレンジしてはどうでしょうか?

 

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました