ジャンクポラロイド636 Close UPで写真が撮れた!簡単な使い方も紹介

こんにちは、グラフィックデザイナーのSHUNYAです。

前回はジャンク ポラロイド636 Closeupと期限切れポラロイドフィルム600で失敗しました。

今回は、現在ポラロイドオリジナルズから発売されている。

COLOR 600 FILMを池袋ビックカメラで手に入れてきました。

結果から言いますと、ちゃんと撮れました!嬉しかったです。

このポラロイドの簡単な使い方から

今回僕の人生初ポラロイドの作例を載せていくので、チェックしていってください。

COLOR 600 FILM by Polaroid Originals

お値段は2700円

8枚撮ることができます。

まずは箱を見ていきましょう!

ミニマルでオシャレなパッケージですね。

i – Typeカメラで動くと書いてありますね。あのOneStep2ですね。

USBで充電てきて、フィルムについてるバッテリーがいらない最新型。

OneStep2にこのフィルムを使うのはもったいない気がしますがね。

箱を開けると、フィルムと

裏にも書いてあった、箱の中にTips(コツが)書いてありました。エコですね。

開け方が汚いのは許してください。。

日本語で書いてあるのは、簡単な注意書きだけですね。

英語ので書いてあるコツを読んでて面白かったので、紹介しますね。

How to Make Great Photos(グレイトな写真の撮り方)

  • Keep it Cool(冷やせ!)ーフィルムを使う前のベストフレンドは冷蔵庫

35mmフィルムと同じですね。使用前のフィルムは冷蔵庫で保存すれば高い品質で保てます。

  • Love Your Camera(あなたのカメラを愛せ!)ーローラーをキレイにしておきましょう

写真の出口にあるローラーがキレイかどうかで、写真の出来が断然変わってきますね。

  • Let There Be Light(光あれ!)ー明るければ、明るいほどいい出来になるよ

聖書にもある言葉ですね。「ポラロイドは外でも中でも光が大好きだ、沢山のね」とあります。

  • Cover Up(被せろ!)ー写真を守って、あと写真を振らないで

ポラロイドはなんだか撮ったあと、写真を振るイメージがありますが、だめですよ?

  • Hold On(待て!)ーその瞬間が全ての変化をもたらす

撮ったあとは写真ができるまでしっかり待とう。

  • Stay Original(オリジナルのままで)ーポラロイド一枚一回きり

最後の文はこうあります。

今あなたの手にあるインスタントフィルムは80年間掛かって出来上がったフィルム。

発明はすべての人に魔法をもたらすチャンスを与えた。

今まで世界中のアーティスト、有名人やクリエイティブな者たちが、

ポラロイドで歴史を作ってきた。次はあなたの番です。Stay Original.

最後の文は今すぐこの手で写真を撮りたくなる、そんな言葉でしたね。

ちょっとしたフレーズ

このフィルムを光から守ってくれるダークスライドに

ちょっとした、毎回違ったフレーズが書いてあります。

可愛いですね。その場面を台無しにしないで、ローラーをキレイにしておこうとあります。

基本的にポラロイドはフィルムに付属しているバッテリーを必要とします。

裏にバッテリーが見えますね。

フィルムを入れてみる

右下のシャッターボタンの下にあるものをスライドさせます。

さっそくフィルムをこのように入れると、(バッテリー部分を下にして入れます。)

ジャンクでしたのでこれが出てくるかすごい緊張しましたが、一瞬で出てきてくれました。

緑の光は何?

ここの緑のLEDが光ればフラッシュの充電完了。

新品のフィルムは充電が早いですね。数秒で光ります。

さっそく撮影

先程のコツを頭に入れながら、

さっそく近くにあった、僕のカメラコレクションをフラッシュを焚いて撮りました。

SX-70ソナーは数日前に手に入れました。もちろんジャンクです。その話しはまた今度。

ちゃんと撮れました!でもなんかピンぼけ。

ピントの合わせ方

実はピントの設定が間違っていました。ここのスライドがマクロモードになってませんでした。

左の木のアイコンは、1.2mより離れたものにフォーカス

右のお花に合わせると、レンズの前にピントの位置を変える板が出てきて

60cm〜1.2mの近くの距離がフォーカスできます。

ちょうど顔の位置を合わせるリングもあるので便利です!

実際はファインダーとカメラのレンズの位置が違うので、それを頭に入れながら、

リングを写る人の顔の少し左にずらさないと中央に来てくれないんですが。

中央のスライドを動かすことで、暗くしたり明るくしたり出来ます。

とりあえず、取り直しました。

ピントが合えばこのような感じ

うまく撮れました!ピントもしっかり合っています。色もポラロイドっぽいです。

枚数はここで確認

古いポラロイドたちは、昔使われていたフィルムの枚数

10枚からカウントされますので、今の8枚のフィルムを使う場合は数に注意です

待つのは10分ぐらい?

Hold On… しっかり待ちます。

完全にはっきりしてくるのは10分以上待ってからでしょうか。

作例

使用したのは上にもあるように

Polaroid 636 Close UP + Polaroid COLOR FILM 600 です。

全体的にマジェンタ気味になっています。

もしかしたら、外に行く際にフィルムが少し温まってしまったかもです。冷蔵庫。。

色々他にも言いたいことがありますが。。好きな写真もあったので満足です。

今回、初ポラロイドなので許してください。もっとこれから練習します!

ジャンクポラロイドのメリット・デメリット

ジャンクカメラや中古ポラロイドのメリットはやはり、安いことですね。

僕はこの上出来なカメラを300円で手に入れました。

この値段なら、試してみる気になりませんか?

もしかしたら、両親や親戚の方に聞けば押入れの中に眠っているかも知れないですからね。

使える安いポラロイドの見つけ方はこちらに書いてます。

デメリットは

やはりジャンク品やメルカリで見つけたものはどこか問題があるかもしれないので、

きちんとした整備されたポラロイドをお求めの方は、

ポラロイドオリジナルズ公式サイトやポラロイド専門店で買うのことをお勧めします。

スマートフォンで写真が簡単に撮ることができる時代に

やはりポラロイドなどのインスタントカメラで一枚しか残せない写真を残すのは

とても素晴らしいことだと思います。

あと今流行りのインスタ映えにもね。アリアナ・グランデもやっていますもんね。

つぎはSX-70について書こうと思います。

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました